4才児のママです。都内で子育て向きのエリアはありますか?

Q:都内への引っ越しを考えています。子供がいても楽しく暮らせるエリアなどがありますか

都内へ引っ越しをする予定です。
夫婦だけではなく子供がいますので、出来れば子供が楽しく生活しやすい環境のエリアに引っ越したいと思っています。

都内で子供にいい環境、またいい取り組みなどを行っている地域があれば知りたいです。
またどのような事が住居選びのポイントになるでしょうか。

A:首都圏でも緑が多い環境がありますし、教育にいい地域なども多いです

お子さんと一緒に都内に引っ越すというご家族も多いです。
お父さんの仕事の都合で都内に引っ越すという事もありますが、地方から都内に来るとなると、どこに住居を構えたらいいのか見当がつかないというのも無理はありません。

地方に暮らす方からすると、都内はビルなどが多くごみごみしていて緑が少ないと考えますが、都内は驚くほどに緑が多くなっています。
値域にもよりますが、ビルなども緑化が進み、街のあちこちに緑が多い公園などが出来ているので、正直、どこに暮らしても済みやすくなっていると考えられます。

子育てにいい暮らしというと、緑が多く自然豊か、郊外ののんびりした街というイメージがありますが、これは不動産業者が作り出したイメージで、郊外だからいいという事もありません。
お子さんからすれば、一緒に遊ぶ子が少ないという事もありますし、早く学校から帰宅しないと交通手段が無くなるという事もありますので、生活に支障が出ます。
楽しく暮らせるエリアというと江戸川区など、子育て支援に熱い区などもありますので、そういった場所を選択されるといいでしょう。

A:子育て支援などを行う区もかなり多くなり、住みやすいところが多くなっています

都内では多くの区で子育て支援の取り組みが進んでいますが、江戸川区などは0歳児を対象に、乳児養育手当がありますし、幼稚園授業料の助成金が利用できる、保育中のママに対して、独自の施策を展開しています。

北区、千代田区なども医療助成金を高校まで利用できるという取り組みを行っていますし、都内ではありませんが、通勤圏内となる千葉でも子育て支援の取り組みが積極的に行われています。

お子さんに対して手厚いサービスがある街は都内に多くなってきていて、少子化という事を食い止めるためにも、親子に優しい環境が整っている地域が多いです。
自治体の子育て支援などを見ると、そこからどのような事を行っているか確認できますし医療制度などもそれぞれの区によって違いがありますので、確認しておく方がいいでしょう。

A:教育・受験という面で積極的な取り組みを行っている区も狙い目です

どの区も都内は教育という面に積極的な取り組みを展開していますが、中でも、全国に先駆けて2006年から焼酎一貫教育を行っている品川区などは、教育先進区といってもいいでしょう。
今の日本の中であえて日本語をしっかり教育するという事を積極的に行っている世田谷区も、親子で暮らす、また受験などに配慮するという事なら素晴らしい区です。

千葉の浦安など通勤圏にある街でも、英語の教育の力を入れている等、魅力的な教育への取り組みを行っているところが多いので、確認してみるといいでしょう。